目次

 

キュラーズ

キュラーズ

画像は公式HPより

海外でトランクルームをレンタルするのは一般的。
けれど日本でトランクルームというと倉庫とかビルの一階なんかでひっそりというという感じがありますね。
キュラーズのトランクルームはそんなイメージとは違うようです。

まず初期費用からみていきましょう。
レンタルトランクルームの中には、保証金として最初に賃料数ヶ月分の手数料が必要なところもあります。
その点、キュラーズは敷金・礼金一切不要。1ヶ月からの短期利用もOKなようです。
自社ビルということもあって賃料などのコストが安く抑えられる傾向にあることから、利用料がリーズナブルになっているのだとか。更新料も解約費も基本かからない模様。
保険料もキュラーズが負担とのこと。
キュラーズは収納スペースひとつひとつに火災保険・盗難保険をかけているということから、これは大切なものも安心して保管できますね。

またキュラーズのセキュリティシステムは幾重にも張り巡らされたもので、セキュリティカードと暗証番号でドアを解錠、エレベーターは利用階のみ止まるように制限されているそうです。
全館セキュリティカメラ、スタッフの巡回、複製不可能な南京錠と万全のセキュリティシステムで荷物を守ってくれそうですね。

トランクルーム業者の場合、保管しても営業時間のみの利用時間の会社も多いようです。使いたいときに使えないのは困ります。
でもキュラーズは24時間出し入れ自由。館内も明るく女性でも安心です。
駐車場完備なので助かります。
ゴルフなんかだと、早朝にゴルフバッグを取りに行き、深夜に戻しておくこともできます。
キュラーズのトランクルームは「しまう」から「使う」ことを目指しており、まさにコンビニ感覚のトランクルームといえるでしょう。
スタッフも常駐しているので、見学や申込みもスピーディ。即日利用もできるほか、緊急時も対応してくれたり、気軽に質問に答えてくれたりするようです。
店舗には専門のスタッフもいるので、サポートをしてくれるのはもちろん、館内の温度や湿度にも気を配ってくれるのだとか。
コールセンターも常設で、電話で支払いの確認もできるそうです。

そして荷物にとって大切なのは「湿度」。大切な荷物にカビが生えては大変です。楽器や洋服、本はカビなんかが生えたら絶対に嫌ですね。
キュラーズは空調システムを導入しセントラルモニタリングシステムで湿度チェックをしたり、スタッフが定期的に巡回し清掃したりなどで、365日、最適な環境を実現しているそうです。
キュラーズは、常に荷物にとって最適な環境を提供してくれるトランクルームのようですね。

 

ハローコンテナ渡辺住研

画像は公式HPより

ハローコンテナは、荷物を入れるコンテナだからといって安ければ良いとは考えていないのだそうです。
コンテナは主に貨物列車の荷台であるコンテナを加工したものです。
鍵は防犯性の優れた南京錠、複製の困難なカードキータイプのものを採用し、高いセキュリティを目指しているのだとか。
巡回専門スタッフが全店舗を週1のペースで回っており、その際ゴミの不法投棄などを見つけたらすぐに清掃をしているので、とってもキレイな場外コンテナとなっているそうです。
鍵の不具合も巡回スタッフがいるからすぐに対応してもらえて安心ですね。

店舗によっては防犯カメラを設置しているので、屋外型であってもそうは思えないほどのセキュリティを実現しているのだそうです。
特に最近はバイクへのいたずらや盗難事件が相次いでいます。
バイクを安全に収納したいという要望に答え、バイクに特化したコンテナも数多く設置しているそうです。
通常のコンテナと比べても、バイクを収納するには抜群の条件が揃っているようです。
駐車スペースがある店舗もあるので、車で来て、バイクに乗り換えるのもラクラクですね。

ハローコンテナは、コンテナ事業を専門に取り扱っている会社です。
不動産事業の一部門ではありません。
不動産会社が片手間でやれば人件費は抑えられますし、賃料も安くなります。けれどそれではこちらの要望にすぐに答えられない場合も出てきます。
その点、ハローコンテナはコンテナの専門事業にすることで、スタッフのコンテナの知識もあがり、対応力も優れたものになっているようです。
巡回スタッフだけではなく、営業スタッフも毎月コンテナを巡回しているのだとか。これによりスタッフが自信を持ってコンテナを貸し出しているようです。

季節物のスキー用具や催し物の備品などで、家の中がパンパンというのは嫌ですね。
そんな普段使わないものをハローコンテナに収納してはいかがでしょう。
家庭用の物置代わりといったところでしょうか。
たとえば、「自宅のリフォームのため一時的に家財を保管したい」「大切なバイクを保管したいけど、屋根付きがいいな」「趣味のグッズが部屋に入りきれなくなりそうなとき」「季節物の家具家電や洋服」「その他諸々倉庫代わりとして」など。

鍵は、ステンレス製の丈夫なカード式のようです。
カードキーは複製される心配はほぼありません。鍵穴がないので、ピッキングにもあいにくくなり、銀行の金庫・研究室・鉄道の機械室などに利用されています。
シャッター扉のコンテナには、ボロン鋼を使用したつるカバー付を使用しているようです。切断にも強い効果があり、耐久性の面でも期待できます。水抜き穴もあるので、屋外使用可能なのだとか。
敷地内に防犯カメラが設置してあり、24時間監視しているそうです。
他にも、来店して契約すれば今日からすぐ使えるというのも嬉しいですね。

 

アルファトランク

画像は公式HPより

アルファトランクのトランクルームは、東京と神奈川を中心に幅広く多数の店舗を展開しているのだそうです。
しかもどのトランクルームも駅から近い場所であり、しかも隣地にコインパーキングを備えており車を近くに止めることができるのが基本であることから、交通面ではとても便利な立地であるといってもよいでしょう。
トランクルームは荷物の保管および出し入れをする場所ですから、頻繁に出し入れを行う方にとっては特に交通の利便性は非常に重要となります。
エリアこそ都心部に限られてしまいますが、もしそのエリア内でのトランクルームの利用を考えているならば、アルファトランクを利用することで時間や手間の短縮をはかることができるかもしれません。

アルファトランクの公式サイトには、各店舗ごとの紹介が非常に詳しく掲載されている模様。
地図やアクセスはもちろん、店舗内や各レンタルルームの間取り・使用料・詳細なサイズ(面積や間口や奥行きや高さ)、契約にかかる費用に関しての紹介・近隣の店舗なども掲載されています。
公式サイトを見るだけで知りたい情報がわかるというのはうれしいですよね。

現地は基本無人スタッフのようです。
レンタル費用が安く済むのは、こういった部分に秘密があるのかもしれません。
ただし24時間いつでも利用可能な模様。
綜合警備保障(ALSOK)のセキュリティサービスを利用しているほか、空調(又は除湿器)・換気設備を備えていることから、セキュリティー面・環境面では安心してよいといえるのではないでしょうか。

最短で申し込み翌日から使用可能なほか、短期間でのレンタルが可能なプランもあるようです。
現地見学も気軽に行えるようなので、気になる方は「まずはちょっと見学」というのもよいかもしれませんね。

 

マイクラ

画像は公式HPより

マイクラは「明るく・清潔・安全・便利」をモットーにサービスを提供しているのだそうです。

環境面では管理人による定期的な清掃があり、照明も明るいほか、空調完備(屋内型のみ)とのこと。
トランクルームへは私たちの大切な荷物を預けるのですから、ここは外せないポイントですよね。
24時間利用可能で、クレジットカード・銀行引き落としによる簡単決済が可能と、嬉しい便利なサービスも揃っているようです。

セキュリティー面では、自動照明点灯・防犯用監視カメラ(屋内型のみ)・電子施錠(屋内型のみ)となっているようです。
ここまで見ると屋内型のほうが屋外型に比べると手厚くカバーされている印象ですが、屋外型に関しては車の乗り入れが可能で荷物の出し入れが楽に行えるなど別の利点もあるようなので、ケースによって使い分けるのが賢いといえるのかもしれません。

なおサービスのエリアは東京・岩手を中心に展開しているのだそうです。
内覧も随時承っているようなので、まずは気楽に相談してみるのがよいかもしれません。

 

ハローストレージ

画像は公式HPより

ハローストレージは、家庭用、企業用のトランクルームとして産声をあげたそうです。
室内を大小のスペースに区切って作った各種サイズの収納空間を、比較的手ごろな価格でレンタル可能となっているようです。
セキュリティ面では綜合警備保障(ALSOK)24時間警備であるほか、防犯カメラも設置されている模様。
北海道から九州まで全国に展開をしているので、様々な場所に店舗があるというのもうれしいですよね。

屋内型トランクルームは、首都圏中心に非常に多く展開しているとのことです。
大手の警備システムで安心安全のセキュリティを実現しているほか、24時間使用可能とのこと。
中規模サイズの部屋も豊富で、荷物量に合わせて選べるようです。
家の中で放置されているモノの置き場にぴったりかもしれませんね。不要なものだけど捨てられないものを減らすことで、家の中もスッキリできることでしょう。

屋外型のコンテナは、屋内型よりも価格が安めで、車でのアクセスがよい場所に多く設置されているそうです。
例えばサーフボードやスノーボードなどシーズンものの趣味の道具や、限られたときにしか使わないのに案外かさばるバーベキューの道具を入れておくには最適かもしれません。
バイクを預けてもOKというのもうれしいですね。特にバイクの駐車スペースが自宅の屋内に無い方の場合、しっかり雨や風を防げる場所に預けられるというのは安心だといってもよいでしょう。

 

みつぎトランクルーム

画像は公式HPより

みつぎトランクルームは、東京・調布市を中心に展開している「地元に強いトランクルーム」なのだそうです。

また屋内型から屋外型まで、例えば「荷物の出し入れに便利な屋外型コンテナタイプ」「セキュリティー完備の屋内型タイプ」「大切なお荷物を保管するするための温湿度管理された屋内型タイプ」など、さまざまな特徴・さまざまな広さのトランクルームが揃っているようです。
荷物の量や予算など自分の条件に合わせて選べるというのも非常にうれしいですね。

また「荷物を運ぶ車がない」であったりとか、「荷物の整理をしながら処分したい」といったりするような要望にもサポートしたり、対話を大切にしていて顧客に寄り添った解決法を提案したり、不動産関連事業も展開していることからそういったお悩みにも応えたりなどを心掛けているそうなので、利用の際は相談してみるのもよいかもしれません。

 

デリバリートランク

画像は公式HPより

デリバリートランクは主に大口法人を顧客としている大型業務用倉庫を組織化した「宅配型トランクルーム」なのだそうです。
大型業務用倉庫のそれぞれに半端に空いている余剰空間を少しずつ提供してもらって、物品保管スペースとして活用しているのだとか。
倉庫事業者は、個人向けのサービスに消極的な傾向にあります。でも、デリバリートランクが間に入ることで大きな業務負担なくスペースの無駄をなくせるというメリットがあるからこそ、低価格料金が実現したそうです。

宅配便を使ったトランクルームはとても便利です。玄関先で荷物の出し入れができるのは、非常に助かります。
通常トランクルームでの荷物の出し入れは、自分の家から車に運んで乗せて移動、荷物を降ろして、自分のトランクまでまた運んで‥‥使い勝手がよくても、自分でトランクルームまで運ぶのは大変です。
高齢になると荷物の整理をしたくてもトランクルームまで行く足に困ってしまう方もいらっしゃいますし、エリアによっては近場のアクセスのよい場所に手頃なトランクルームがなかったり、忙しくてトランクルームへ荷物の出し入れができない方もいらっしゃいます。
そんなときに荷物を一切運ばなくてよく、宅配便で荷物を預けられるのはとてもうれしいといえるでしょう。
自分で出し入れもできるようですが、業務用倉庫の一角なので、素人だけでウロウロするわけにはいかず、スタッフの手を借りることとなるようです。場合によっては出庫手数料などがかかるかもしれないので、自分でやりたい人は注意が必要です。

個室形式ではないので、荷物の形は基本は問わないようです。
指定のケースもなければ梱包する手間もないようです。
ゴルフバッグやテントなどのキャンプ用品もそのまま預けられます。
スーツケースも入れておけます。
形の不規則な、ゆがみ易いモノも宅配便でそのまま収納。
じゃまなダンボール箱や発泡スチロールも必要ありません。
ですが心配な方は、一応傷や汚れ防止の梱包を行っておいたほうが安心かもしれません。

管理費用は容積に応じて計算するため、無駄な費用はかからないようです。
また荷物を預けると、提携倉庫業者により自動的に補償事故の保険が付保されるのだとか。
提携している倉庫会社は、大口法人の業務用物品を保管している施設や事業者ばかりなので、安全・高品質な管理、保管体制を備えています。
とはいえ、定温・定湿度に保たれた倉庫ではないので、預けられない品物もあります。預けるときには確認が必要です。

 

ユースペース

画像は公式HPより

ユースペースには、大切な荷物の保管にうれしい環境が整備された屋内型と、お手頃価格で気軽に使える屋外型の2種類があるそうです。
どちらも出し入れ自由でクローゼット感覚で使え、24時間出し入れ自由、専用駐車場があるので大型荷物の出し入れも安心です。
見学して契約手続きが完了すれば即利用できるほか、1ヶ月からの利用がOKなので、引っ越し準備やリフォーム期間中だけでという短期にも便利に使えるようです。

料金は、保証金、更新料なしで明快価格な模様。
月々の賃料のほか、契約時に基本管理整備料(賃料1ヶ月分)だけで、この他の固定料はありません。保証金や更新料、月々の管理費など一切なし。長期契約も安心ですね。
月々のお支払いは、契約時に指定した口座からの引落し。クレジット決済も可能です。
月々の賃料に保険料はすでに含まれており、火災や盗難時の収納物への損害予防として動産総合保険にも加入済だそうです。

「中はどんなつくりになっているのか」「大きさは?」など、段差や路面の状況など実際に使用する際の気になるところを事前チェック可能とのこと。

 

klassy

画像は公式HPより

klassyには、一般的なトランクルームと違って、敷金・保証金といった初期費用がありません。
会計システムは分かりやすいようです。

もしすでにトランクルームを活用している方の中には、車がないと利用できないとか、重いから辛いなんてことがあるのではないでしょうか。
klassyはいわゆる宅配型トランクルームであり、電話一本・メール一本で、引取に来てくれたり、届けたりしてくれるようです。そのため出し入れには車も必要ないとのこと。
ソファやベッド、ベビー用品などの大型家具など箱に入らないものも取り扱い可能な模様です。
自分で出し入れすることがないから楽ですね。
車がない方、忙しい方、力仕事が難しい方にはうれしいポイントでしょう。

屋外やコンテナなど倉庫外での保管は一切なく、大型空調を完備した定温定湿の上、24時間機械警備によるセキュリティだそうです。
管理運営についても、倉庫業のプロ集団によって運営されているということで、大切な荷物もしっかり管理してもらえそうですね。

 

Keep It

画像は公式HPより

Keep It(キーピット)は、自宅と同じクオリティを目指し、複数の企業が参加した屋内型トランクルーム専門のコラボブランドだそうです。
Webでの手続きが可能なほか、初期費用から毎月の使用料まで口座振替やクレジットカードでの対応が可能なのだとか。

24時間対応なので、生活スタイルに合わせて出し入れできるようです。
またトランクルーム店舗の敷地内に契約者専用の無料駐車スペースがあるようです。
ただし限りがあるので長時間の駐車、トランクルーム以外の利用は不可なのだとか。
また台車を無料で貸し出してくれるほか、多層階の場合はリフトやエレベーターが設置してあるので、荷物の移動が便利で簡単なようです。

Keep Itのトランクルームはすべて屋内型。
雨風などの心配なく、エアコン設備があり温度管理もできるほか、定期清掃や巡回も実施されているので、安全でクリーンな環境と、衣類やカバンなど家の押入れに入れているようなものでも、安心して収納できるようです。
季節物の衣類や電化製品など家の押入れに入りきらなくなった日用品、サーフボードにスキーやキャンプ用品・レジャーグッズ、企業用として書類や備品などの保管スペースとしても最適です。
本棚やラックなど収納アイテムを設置して自分だけのパーソナルスペースとして考えてもいいかもしれません。

また荷物の量に合わせてトランクルームが選べるのだとか。
家の押入れぐらいとか、屋根裏より大きい収納など、さまざまのサイズからピッタリの収納が見つかるはずです。
事前に内覧してから選べるということで安心ですね。

セキュリティ面では、全フロアに防犯カメラを完備しているほか、警備会社と提携し入退館はセキュリティ管理が設置されているのだとか。
またトランクルームによっては有人で管理している場所もあるので、セキュリティ面で安心したい女性には非常にうれしいかもしれませんね。

 

ドッとあ~るコンテナ

画像は公式HPより

ドッとあ~るコンテナは安くレンタルできて、さらに最短で契約当日から利用可能と早いという特徴があるのだそうです。

通常料金も比較的安いうえ、長期間の利用はもっとお得なキャンペーンがあるのだとか。
例えば六ヶ月以上預けたい人向けのキャンペーンなど。
バイクの収納や建替え、リフォームと荷物を預けるとなると六ヶ月以上なんてあっという間です。利用しない手はありません。
キャンペーン内容は店舗や時期によって異なるので、詳しくはHPなどをチェックしましょう。

またトランクルームの中は自由にレイアウトできます。
使わないものは奥に、よく使うものは手前と、自分の家の押入れ感覚で使えます。
釘を使わなければ棚も作れます。

首都圏を中心に多数の店舗を展開していて、トランクルームのサイズもいろいろ選べるようです。
自分の荷物に合うサイズを選ぶことで、さらに費用を抑えることができるのではないでしょうか。
トランクルームのプロであるスタッフが相談に乗ってくれるようなので、いろいろと聞いて、自分にピッタリとあったトランクルームをみつけましょう。

 

ライゼボックス

画像は公式HPより

ライゼボックスは、「大容量の収納専用スペースが“格安で”ご利用できること」を掲げているそうです。
基本は屋内のマンションタイプで、玄関は24時間出し入れ自由の電気錠システムを採用しているそうです。屋内なので、雨の日も楽ですね。
トランクルームによっては備え付きの棚付きの場所もあり、収納や出し入れが便利になります。

セキュリティ面・環境面では24時間のセキュリティと自動換気システムで大事なお荷物も安心して預けられます。
またライゼボックスの建物は収納専用に建てられていて、マンションの建築基準を上回る重量鉄骨構造と、荷物のことを考えた専用建物を心掛けているそうです。

全国に多数の店舗・スペースがあるため、ご利用開始時からご利用中の引越し先のサポート、さらに利用期間に合わせた料金プランなどなど、利用者の希望に合わせたサービスを展開しているのだとか。

 

更新日:

Copyright© おすすめ! トランクルーム業者 12選 , 2018 All Rights Reserved.